外国人の税務
Foreign banknotes
居住外国人向け税務の基礎②‥「非永住者」その2:送金課税

前回のブログのおさらい 非永住者にとって、日本の所得税の課税対象となる所得は、次のいずれかに該当するものです。 「国外源泉所得」以外の所得(※) 国外源泉所得で、国内に支払われたもの 国外源泉所得で、国外から送金されたも […]

続きを読む
外国人の税務
外国紙幣
居住外国人向け税務の基礎①‥「非永住者」その1

金融庁が提供する「外国語対応が可能な士業(税理士)」に掲載いただいたことを機に、日本でビジネスをされる居住外国人(Non-Japanese)からの問い合わせ等が増えています。 ※わたくしの掲載分は、こちら ⇒ 東京都の「 […]

続きを読む
TAX
「孫」を保険金受取人とする保険加入は、慎重に検討を

先日、とあるメルマガで、「家族や孫へ資産を賢く遺す方法」という趣旨のコラムがあり、その方法(複数)のトップに、相続税の生命保険の非課税限度額の活用が記されていました。(カッコ内の、太字および下線は、ブログ筆者が付したもの […]

続きを読む
国際税務
パスポート
海外赴任した「非居住者」の所得控除‥国際課税の基本⑥

1月23日のブログに記載した「納税管理人」となった友人からの続きです。⇒ 海外赴任する親族の依頼を受け、「納税管理人」となりました。いま一度、果たすべき役割などを整理してください‥国際課税の基本⑤ 先日、昨年に海外赴任さ […]

続きを読む
TAX
新型コロナの影響で工事完了などが「3月15日」を過ぎそうなときも、対応法はある ー 住宅資金贈与の非課税規定(その⑤)

国税庁は2月3日、2021年分の所得税などの確定申告について、新型コロナウイルスの影響で申告が困難な人を対象に、「簡易な申請(※)で4月15日まで延長を認める」と発表しました。 ※ 申告書の余白や国税電子申告・納税システ […]

続きを読む
譲渡所得税
マイホーム買い替え時の注意‥新・住宅に「住宅ローン控除」を受ける可能性あるなら、旧・住宅売却の「3,000万円特別控除」の確定申告は慎重に

「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」(以下、「3,000万円特別控除」)と「住宅借入金等特別控除」(以下、「住宅ローン控除」)との選択に関する記事です。 先日、「マイホームを買い替え中。住んでいた戸建て […]

続きを読む
国際税務
パスポート
海外赴任する親族の依頼を受け、「納税管理人」となりました。いま一度、果たすべき役割などを整理してください‥国際課税の基本⑤

オミクロン株が猛威をふるいだす前の昨年12月、かつての友人たちと会食する機会がありました。 そのときの一人から尋ねられたことが、今日の記事のタイトルです。 その友人は、勤め先からの命により、海外赴任(期間、3~5年の予定 […]

続きを読む
譲渡所得税
住宅ローン控除などの所得税や贈与税の申告にて、登記事項証明書【原本】の添付省略が可能になっています

1月4日より、e-Taxでの令和3年分・確定申告がはじまっています。 申告内容に応じて、さまざまな書類を”もれなく”かつ”正確”に整える必要があります。 (国税庁が求めるものと合致していないと、申告書を提出した後に「形式 […]

続きを読む
TAX
2022年。「還付申告」は、2017年1月1日からの5年間が対象

会社員を辞めた直後の昨年3月、東京国税局の確定申告電話相談員に従事しました。 その際、お問い合わせの多かった項目の一つが、「所得税の還付を受けるための手続き(還付申告)は、過去分、いつまでさかのぼって行えるのか?」。 こ […]

続きを読む
国際税務
パスポート
円安が進んだ2021年、国外財産を保有する方は、本年末での「国外財産調書」の提出義務のチェックを‥国際課税の基本④

ここ数日は、一服していますが、2021年は円安に振れた1年と言われています。 ドル・円レートで確認します。 昨年の12月30日のドル円レートは、103.52円。 これに対し、今日の東京市場取引開始レートは113.66円と […]

続きを読む